オリゴ糖の種類と特長

腸内環境を改善するためには腸内の善玉菌を増やす必要がありますが、

 

善玉菌もエサとなる栄養源がなければ増えることも活発に動くこともできません。

 

そんな善玉菌のエサとなるのがオリゴ糖です。

 

オリゴ糖には様々な種類がありそれぞれ異なる特長と効能があるため、

 

腸内環境を改善するためには自分のタイプに合ったオリゴ糖を選びましょう。

 
Sponsored Links

オリゴ糖の特徴

  • 通常の砂糖より低カロリー
  • 通常の砂糖と同じように甘味料として使える
  • 善玉菌のエサとなり腸内環境を良好な状態へと改善する
  • 途中で吸収される「消化性のもの」と大腸まで届く「難消化性のもの」がある
  • 腸内環境を改善するためには「難消化性のもの」が有効

 

オリゴ糖の種類と特長や効能

イソマルトオリゴ糖
  • 熱に強い
  • 酸に強い
  • 虫歯になりにくい

 

善玉菌(乳酸菌やビフィズス菌など)を活発にして腸内環境を改善します。

 

フラクトオリゴ糖
  • 野菜に含まれている(玉ねぎ、ゴボウなど)
  • 味やニオイにクセがない
  • 甘味がまろやか

 

善玉菌を増やし腸内環境を整え、骨密度が下がるのを抑える他、ミネラルの吸収を促すなどの働きがあります。

 

ガラクトオリゴ糖
  • さわやかな甘さ
  • 主に母乳に含まれる

 

ラクトースと言う乳糖が原料となり健康食品として売られています。

 

腸内で善玉菌を増やしたり、タンパク質の消化吸収をサポートします。

 

乳果オリゴ糖
  • 別名・・・ラクトスクロース
  • ショ糖と乳糖が原料となるオリゴ糖
  • 自然な甘み

 

途中で吸収されたり死滅することなく腸まで届き善玉菌を増やす能力に優れています。

 

大豆オリゴ糖
  • 天然の大豆が原料
  • 腸内の善玉菌を増やす
  • 腸内環境を整えて便秘を改善
  • 免疫力向上

 

ラフィノース
  • 砂糖大根のビートが原料となる天然オリゴ糖
  • 吸湿性が全くない
  • 腸内環境を整える
  • 免疫力向上
  • アレルギー症状を和らげる

 

キシロオリゴ糖
  • 低カロリー
  • 虫歯の原因になり難い

 

少しずつでも摂り続けることでビフィズス菌を育て腸内環境を改善します。

 

これらオリゴ糖はビフィズス菌や乳酸菌を豊富に含むヨーグルトとの相性が抜群です。

 

ヨーグルトに混ぜて摂るだけで整腸作用は高まり腸内環境は改善され、便秘解消を始め、おならの臭いニオイまで改善できます。

腸内環境改善ランキング
イサゴール 乳酸菌革命 カイテキオリゴ

イサゴール

特定保健用食品


お水に混ぜておいしい!製薬会社の作った、ドリンクタイプの便秘用食品です。職場や旅行先でも気軽にできるスティックタイプ。

コレ

乳酸菌革命

腸が元気に!


乳酸菌と善玉菌のダブルパワーで、腸がミルミル元気になってお通じスルスルを体感できます。カプセルタイプなので、出先でも 簡単に飲めるのが嬉しいです。

コレ

カイテキオリゴ

混ぜるだけで簡単


1分に1個売れている、高純度オリゴ糖で日本一の大人気商品。ご飯や、ドリンクに混ぜるだけでスッキリすると大人気です。

コレ